Romancing Book

本から閃き

【読書感想】『博愛のすすめ』

www.amazon.co.jp

内容紹介

憐憫の情か、それとも――、これは「愛」なのか!? 世のバカを憂うばかりでなく、温かい視線で見守る博愛主義かつ偏愛主義な二人の対談集!毒舌の果てに見た新境地。このロクでもない世界で幸せに生きる知恵。それが「博愛」――。これからの社会を動かすキーワードは「愛」。いつも「世界人類が平和になりますように」と祈っている博愛主義者・適菜収が、同じく博愛主義者の中川淳一郎と、今こそ必要な「愛」について語りつくす

 

目次

第一章 愛がすべて

第二章 夢から目を覚ませ
第三章 なぜ目に前にあるものが見えないのか?
第四章 愛が届く範囲
第五章 広告代理店が国を破壊する!?
第六章 愛国とは何か?
第七章 テレビと大衆社会
第八章 愛の讃歌
第九章 人生の師匠

フリーライター・ネットニュース編集者の中川淳一郎と作家・哲学者の適菜収(てきな・おさむ)の二人による時事放談が収録された一冊。

2017年6月13日に出版なので、去年から今年の上半期にかけて、政治の話題を中心に二人の率直な発言が本書では繰り広げられている。

本のタイトルと目次だけでは仰々しい思想書か何かだと勘違いしてしまうが、とくに知識を必要とする小難しい話はなく読みやすい。

 

適菜 世間が腐っているなら、世間から嫌われたほうがいいじゃないですか。

中川 世間から嫌われているのはいいやつですよ。

適菜 腐っているのはお前らだろってね。

 毒舌とも形容される彼らなので当然、敵も多い。飛び出すキーワードは「ネトウヨ」「アベ」「クソサヨク」「B層=バカ」とほぼ全方位の人々に向けられている。

大きな流れに身をまかせる人、「責任」を取らせたがる人、自分の考え以外は排除してしまう人。そういった人たちに対して「博愛」を語る二人は一見、とても攻撃的なようでただ正直に現状を見据えているだけなのかもしれない。

 

【読書感想】『ダントツにすごい人になる――日本が生き残るための人材論』

Amazon | ダントツにすごい人になる 日本が生き残るための人材論 | 森川亮 | 人生論・教訓 通販

 

内容紹介
インターネットの時代になり、世界のビジネスのスピードは劇的に増した。にもかかわらず、日本の多くの企業は変わることができず、取り残されている。このままでは、日本は変化の大きい世界経済の中で生き残ることができない。それが著者が感じる偽らざる危機感だ。

そうした時代に求められるのは、いままでにない新しい価値や大きな概念を生み出すこのできる人です。すなわち、人材の質こそが日本の将来を決める重要な要素である。こうした人材を著者は「ダントツにすごい人」と呼んでいる。

では、どうしたらそのような人材を増やすことができるのか。自らもLINE株式会社社長の座を退き、日本を元気にするようなメディアをつくるため、新たにC Channelという会社を起こした経営者が語る、日本人のための人材論。

安宅和人氏(ヤフーCSO)、林要氏(元Pepper開発責任者)、石川善樹氏(予防医学研究者)との対談も収録!

 

筆者は、新卒で日本テレビに入社。学生時代、バンド活動をしていたため音楽に関連する部門を希望していたが、意に反して1989年頃では珍しいIT部門に配属され、選挙の速報システムの開発などに携わる。その後、ソニーに転職し、ジョイントベンチャーを立ち上げる。社内で実績を積み上げるが、個人の力で大組織を動かすのは困難と悟り、次に、当時は無名だったベンチャー企業ハンゲーム(現・LINE)に入社する。

筆者の経営感覚も従来の日本企業とは一風変わっている。LINEで経営者の座についてからは、業績が好調ゆえに社員全体に安穏とした空気が流れるのに危機感を持ち、社員全員の給料をリセットする。そうして社員の貢献度に応じて給与額を決めるルールに移行したため、反発もあり会社を離れる社員も続出する。しかしそういった社員は実績に対して給与をもらいすぎている人たちだった。過激な手法だが、結果的に実績を残した人が評価される環境を作ることができたという。

 

本書では、時代の移り変わりとともに既存の社員像とは異なった「ダントツにすごい人」について述べられている。

人生の選択肢は無限にありますし、周りの目を気にせずに自分なりの道を選ぶほうが、軽やかに生きられます。「ダントツにすごい人」は、自分なりの道を選んでいる人ばかりです。

 筆者の特徴的な生き方は常に成長を意識しているということ。日本テレビソニーでも十分な給与や社会的地位を得ることができていたが、それでは満足できなかったという。

 

今いる組織で生き残ることを考えるのは間違いです。そのような人が集まっている組織は、早晩衰退します。今いる組織で生き残ることを考えると、上司の顔色ばかり窺うようになり、ユーザーの意見に耳を傾けなくなります。

……

日本のエアコンは海外ではあまり売れないと言われますが、人がいる方向に風向きを変えたり、自動で電源を切ったりする機能は、海外では求められていません。海外では機能より安さを重視します。日本のメーカーは節電やCO2の削減、省スペースなどの技術力は高くても、価格競争で負けたのです。

早くから海外のユーザーの要望を拾っていれば、ここまで低迷することはなかったでしょう。組織の内側しか見なくなった結果が、今の状態なのです。

これまで、日本の家電業界は海外(特に欧米)の最新技術を後追いし、さらに最適化と機能追加をすることによって付加価値を高めていった。しかし、それには限界があり「良いもの(ハイスペックなもの)を作れば高くても売れる」といった考えは古くなったように思う。こういった従来型の考えから脱しきれなかったのは、組織が肥大し、同じような考えを持った社員を多く抱え込むことによって会社の柔軟性が失われてしまったことに他ならない。

また上司との関係性が重視され、「正しい判断をし、正しい行動をと」ったとしても上司の意にそぐわなければ評価が低くなることもある。

そういう組織には未来はないので、一刻も早く離れるのが賢明です。

と筆者は率直に説いている。

 

ダントツにすごい人は、かなえたい夢や実現したい思いのためには、一切妥協しません。そして、目標達成のためには、どんな努力も惜しまないのです。

「ダントツにすごい人」は金銭よりも自己実現を優先し、ときにはトップの依頼も後回しにする。上司の顔色を窺うことなく、目の前の仕事に集中できる人こそが「ダントツにすごい人」だと筆者は述べている。

組織と個人との付き合い方はどんどん変わっている。やりたいことをやるために地位や名声を捨てて飛び出していくことがさらに重要になっていくのだろう。

 

【読書感想】『こんな街に「家」を買ってはいけない 』

Amazon CAPTCHA

内容紹介
住民の高齢化、崩壊する生活基盤、空き家の増加。今、郊外の住宅街は破綻の危機にある。この現実を前にできることは何か。家を買った人も買う予定の人も知って欲しい、住宅街が抱える問題と対策を明らかにした1冊。

都心回帰」といわれ数年、東京一極集中とオリンピック開催が重なり都心の土地の値段は微増しつづけている。

 

都心への人口集中が進むなか、都市周辺部の郊外地域に次々と戸建て住宅地が形成されてきたの日本の都市の歴史といえます。(中略)あくまでも都会に通うサラリーマンなどの勤労者のためのベッドタウンとしての発達しかなし得てきませんでした。
現在、生じつつある危機は、この住宅の主たちが高齢となり、稼ぎ手としての地位を失い、本来であればこれに代わるはずであった、子供世代が住宅を承継することなく、住宅は一代限りでその役割を終えてしまう可能性が高いということです。

一方で、東京郊外の不便な立地にある住宅の値段は下がりつつある。戦後に新たに開拓され、文化的・歴史的背景を持たない、いわゆる「ベッドタウン」は都心回帰ブームとともに廃れつつあるのだ。


以下、役割を終えてしまう可能性が高い住宅地の特徴だ。

①東京までの通勤時間が1時間を超える
②1970年代から80年代にかけて開発された
③駅からバス便である
④丘陵地などにあり、住宅地内の傾斜がきつい
⑤近隣に観光地など人の集まる場所がない
⑥地域内にめぼしい産業がない

山を切り開き造成された住宅地は、住むための場所以外の機能がない。また駅近で便利な高層マンションが多く供給されており、こういった住宅地の退廃を推し進めているのかもしれない。

 

自宅で、自分たちが住んで「ハッピー」なだけの家は「ただの贅沢品」に過ぎません。

本書で登場する不動産投資をしている男性の不動産に対する見方だ。家は住んだ瞬間から価値を失っていく。また、ずっと自分のものにしておける保証もない。維持するのにもお金がかかる。手に入れるだけでなく、手放す時のことも考える必要があることがわかる。

【読書感想】『ひきこもらない』

 

ひきこもらない

内容紹介


家を出て街に遊ぶ。
お金と仕事と家族がなくても、人生は続く。
東京のすみっこに猫2匹と住まう京大卒、元ニートの生き方。

世間で普通とされる暮らし方にうまく嵌まれない。
例えば会社に勤めること、家族を持つこと、近所、親戚付き合いを
こなすこと。同じ家に何年も住み続けること。メールや郵便を溜め
こまずに処理すること。特定のパートナーと何年も関係を続けること。
睡眠薬なしで毎晩同じ時間に眠って毎朝同じ時間に起きること。
だから既存の生き方や暮らし方は参考にならない。誰も知らない
新しいやり方を探さないといけない。自分がその時いる場所によって
考えることは変わるから、もっといろんな場所に行って
いろんなものを見ないといけない。

本書は筆者の過去のブログ記事と本書のための書き下ろしで構成されている。

筆者は基本的に二、三年をめどに移住を繰り返す。ときには部屋を飛び出し、家の周りを散歩することから、意味もなくビジネスホテルに泊まったり、不意に高速バスに乗って遠出したりする。本書はそういった体験記として読めるだろう。

筆者はギークハウスというシェアハウスを立ち上げた人物だ。ギークハウスはITやサブカルチャー愛する人たちが自然と集まって形成されている。そういった人たちのイメージといえば「インドア派でモニターばかり見つめている」と思われがちだ。しかし筆者は意外にもタイトルのとおり同じ場所にじっとしていることができない性分だったらしい。

 

ひきこもりは別に部屋にこもるのが好きで引きこもっているわけじゃない。一日中部屋から出ないのも精神的にかなりキツイ。だけどそれでもひきこもっているのは、いてもいい場所が他にないからだ。
(中略)
要は、家族と会社以外にも、居場所になるような空間が社会の中にたくさんあったほうがいいと思うのだ。趣味の集まりでもネットの知り合いでもなんでもいいから、家族と会社以外で他者とのつながりを持つチャンスが生まれるようなゆるい場が必要だ。

独身世帯が増加し、会社と個人との繋がりも薄れ、社会的に孤立する人がこれからさらに増えるのではないだろうか。それらを代替する場を提供することが重要だと筆者は考えている。

家を買い、そこにずっと住み続けることが常識だと考えられてきた。今でも移動を繰りかえすことは不安定だという考え方が根強い。確かにそういった側面もあるだろう。かといって「同じ会社に一生勤め上げること」「同じ場所にとどまり続けること」も同じくらい不確実なものになっているように思う。つまり「じっとしていること」のリスクは高まりつつあるのではないだろうか。

 

眠る場所以外を街に外注する、つまり都市の不特定多数の人間とシェアするようにすると、僕が今やっているような暮らしになるのではないかと思う。
(中略)
街の中にカプセルホテルにおいてあるようなカプセルベッドが一つと、荷物をある程度保管できるロッカーが一つあれば、都会ならそれで生活が成り立ちそうだ。都市の力はすごい。

物質は個人の行動を制約する。家電、服、本など、引越しを経験してみて気づくのは、持て余すほどの物質を今まで抱え込んでいたことだ。それに比例して持ち運ぶためのエネルギーも莫大になる。個人が扱えるリソースは限られていることを意識しなければならない。
一時期、バンコクに住んでいた筆者は、タイでは多様な料理が安い値段で食べられるため自炊をする必要がなく「家で毎日、料理を作ること」は当たり前ではないということに気づいたという。そうやって他者とリソースを共有することがこれから増えはじめるかもしれない。

 

常識的な生き方が崩壊して、個人の生き方が個人に委ねられるようになったぶん、家族や会社といった既存のコミュニティも失われつつある。そんな時代に少しの間だけでも留まれるような止まり木のような場所をいくつも作ることが重要になってきている。

本書はそういった重要性も説きながら、サウナの効用や熱海のリゾートマンションを買った話も綴られており、基本的にはゆるゆるした内容になっている。実践的な多拠点生活の参考になるかはわからないが、「こんな生き方もあるんだ」と多様な生き方の参考にはなるかと思う。

【読書感想】『ルポ ネットリンチで人生を壊された人たち』

ルポ ネットリンチで人生を壊された人たち

内容紹介
「ネット関連の本年最重要文献だ。なぜネット炎上や「ポスト真実」が猛威を振るうのか理解したい人に」――津田大介(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト)/自らの行動やコメントが原因で大炎上し、社会的地位や職を失った人たちを徹底取材。加害者・被害者双方の心理を深掘りし、炎上のメカニズムから、ネットリンチに遭ってもダメージを受けない方法、グーグルの検索結果から個人情報を消す方法までを探る。

 

罪人を衆目のなかで罰を与える文化は完全に廃れたと思っていた。しかしSNSが普及し、グーグルの検索精度が向上することで、そういった刑罰はインターネット上で復活したといえる。

 

例えば、インタビューの捏造記事を書いた人気作家は、ジャーナリストに嘘を暴かれ、結果的に謝罪会見をリアルタイムで動画配信することになった。作家の背後のスクリーンには、閲覧しているユーザーのツイートによる誹謗中傷が流れつづける。言葉による石のつぶてが降り注ぐ様子は想像するだけで恐ろしい。

 

また広報部長として順風満帆のキャリアを歩んでいた女性は、軽率なツイートによってツイッターの歴史上最大の炎上を巻き起こし、職を失うことになった。ツイートは表面的には人種差別的な内容だったが、失職するほどの悪いことを彼女はしたのだろうか。

 

現代のSNSでの炎上は異常なまでに加熱しやすい。日本でも、未成年の飲酒やいたずらなど昔からずっとあったことがSNSによって簡単に可視化され拡散される。法律に反することなので擁護できることではない。しかし、僕が驚くのは、喜び勇んで軽微な犯罪を探し出し、晒しあげ、正義のもとに叩く人々の多さだ。

 

 インターネット上では接続できさえすればそれ以外の費用はほぼかからない。一方で重要になってくるのが「時間」だ。「時間」を大量に投入できる人がネットメディア上で幅を利かせ、世論のように扱われることすらある。

ヤフコメの複数アカウント規制でネトウヨ激減(笑) - Togetterまとめ

偏った考えで埋め尽くされていたYahoo!ニュースのコメント欄だったが、ようやく同一IPアドレスからのアクセスを禁止し、複数アカウントによるコメントが排除された。実際、効果はてきめんだったようで、人種差別的な発言も減少している。

 

黎明期の牧歌的なインターネット技術の夢想はすでに存在しないのだろうか。

【読書感想】『外国語学習の科学』

国語学習の方法は数多くあり、例えば英語の勉強法ひとつにとっても「英単語をひたすら丸暗記する」や「英会話でたくさん話す」、「英語のニュースを聞きまくる」など多くの方法が存在する。

 

いったん、立ち止まって外国語学習について俯瞰的な知識が得られれば、自ずと外国語を学ぶ目的や勉強法がわかってくるだろう。

 

この本『外国語学習の科学―第二言語習得論とは何か (岩波新書) | 白井 恭弘 |本 | 通販 | Amazon』は以下のとおりに構成されている。

第1章 母語を基礎に外国語は習得される
第2章 なぜ子どもはことばが習得できるのか―「臨界期仮説」を考える
第3章 どんな学習者が外国語学習に成功するか―個人差と動機づけの問題
第4章 外国語学習のメカニズム―言語はルールでは割り切れない
第5章 外国語を身につけるために―第二言語習得論の成果をどう生かすか
第6章 効果的な外国語学習法

 

例えば「年齢によってネイティブレベルの外国語が身につけられるのか否か」、「成長期を終えたあとに外国語を身につけられるのはどんな人か」、「インプットとアウトプット、どちらが重要か」といった疑問に、多くの実験結果から著者は答えている。

 

読み進めていて特に興味深かったのは、以下の部分だ。

学習対象言語を話す集団に対して共感したり好意的な評価をしている学習者は、学習対象言語を話す人々とその文化を理解し、その人々と同じように振る舞い、またその文化の一員として参加したい、と思う傾向が強く、それが長期的・持続的な学習意欲につながり、ひいては外国語学習の成果につながるという仮説を提案し、このような志向を「統合的動機づけ」と呼びました。そして複数の研究で、この仮説を支持する結果を発表したのです。

学習したい外国語を母語とする国の文化に深く共鳴している場合、外国語を身につける効率も上がっていることが研究結果からわかった。当たり前かもしれないが、やはり「好きこそ物の上手なれ」なのだ。

 

また本書ではアウトプットよりもインプットの重要性を説いている。著者は身近な例として、知人でTOEIC600点台だった人が特に英語の勉強をしていなかったが、数年後に再度、試験を受けたところ200点も点数が上がっており、その知人は数年間、日本語で手に入らない情報をインターネットで調べて英語で読むことを習慣にしていたという。

日本のポップカルチャーが好きで、現在日本に住んでいる友人がいるが、二年も経たないうちに日常会話をマスターし、冗談を飛ばせるほどのレベルになっている。母国にいた当時からアニメを日本語で聞いていただろうから、インプットの量はかなりのものだろう。

 

この本では、外国語を話すためのメカニズムについて多くの研究結果が紹介されている。外国語学習の方法で迷いがある人はきっとこの本が役立つだろう。

コーヒーについて総括する

お題「コーヒー」

 

ここ一年間ほど、コーヒーに関する記事のリンクを保存してきたのでまとめてみる。

 

↓まずは、肯定的な記事

karapaia.com

www.lifehacker.jp

gigazine.net

 

 

↓こちらは、ネガティブな記事

sirabee.com

年齢が若くなるほど、コーヒーを飲んでいる人の数が減っている、という内容。苦味が苦手という意見が代表的。当然、コーヒーに含まれるカフェインは睡眠を阻害するので、成長期に常飲するのは避けた方がいいかもしれない。若年者の方が強く依存しやすい等も考えられる。時間帯・摂取量をコントロールできれば、そこまで深刻に考える必要はないだろう。ただ、若者を中心にカフェインを便利なものだと思い込んで、「ブースト」をかけて中毒になる人もちらほらいる

www.asahi.com

深夜勤務に就いていた九州の20代男性が、エナジードリンクとカフェイン製剤を一緒に飲み過ぎて死亡する事故が15年に報告された。その後も、急性中毒で病院に運ばれるケースが相次ぎ、学会が初めて実態調査した。

カフェインの錠剤をエナジードリンクで流し込むのは本当にやばい。若い頃は無理が効きやすいので、こういったやり方で急場をしのいでいたのだろう。「エナジードリンクを飲んで無理してる俺かっけえ」みたいな人もいる。

 

diamond.jp

 

↓かなり限定的な話だけど、聴覚に違和感があればカフェインは避けるべきとのこと

t.co

 

あとコーヒーは苦手だから必要なときに飲む場合、実践的な方法として効果があるのがコーヒーナップだ。コーヒーを飲んでから20分仮眠を取るという方法。眠いけど長時間寝る余裕がないときは試してみよう。

 

最後に、エナジードリンクや錠剤に頼るよりはコーヒーを飲んだほうが健康的だろう。不調を訴えている人はぜひコーヒーも視野に検討していただきたい。